2013年08月23日

世界で1番多く使われているセキュリティソフトはavast! Free Antivirus


世界で1番多く使われているセキュリティソフトはavast! Free Antivirus


OPSWATがウイルス対策製品の市場シェアを公開しました。

 ※OPSWATはソフトウェアの管理とセキュリティ技術の
  リーディングプロバイダです。

 ※データは2013年8月13日のものです。
 
世界中のウイルス対策ベンダーの市場シェア

1位 Microsoft 25.8%

2位 Avast   23.6%

3位 AVG     9.1%

4位 Symantec  8.4%

5位 ESET    7.1%

6位 Avira    6.6%

7位 Kaspersky  5.8%

8位 McAfee   3.1%

9位 Bitdefender 2.1%

10位 その他   8.4%


世界市場の25%をマイクロソフトが持ち、avast!が23.6%で

マイクロソフトに続いています。

上位9社でシェアの約90%を獲得している状況です。
世界で1番多く使われているセキュリティソフトはavast! Free Antivirus



世界中のウイルス対策製品の市場シェア


1位 avast! Free Antivirus     19.5%

2位 Microsoft Security Essentials 18.3%

3位 Windows Defender       7.7%

4位 AVG Anti-Virus Free Edition   6.1%

5位 Avira Free Antivirus      5.5%

6位 Norton Internet Security    4.1%

7位 ESET Smart Security       4.1%

8位 Kaspersky Internet Security   3.2%

9位 AVG Internet SEcurity      3.1%

10位 avast! Internet Security    2.8%

11位 ESET NOD32 Antivirus      2.5%

12位 McAfee VirusScan        2.4%

13位 その他             20.9%


製品別では、avast! Free Antivirusが19.5%でトップ、

Microsoft Security Essentials、Windows Defenderが続いています。
世界で1番多く使われているセキュリティソフトはavast! Free Antivirus


OPSWATのレポートには、P2Pやバックアップ製品のシェアもあります。

Antivirus Market Analysis August 2013 OPSWAT




スポンサーリンク


posted by ひろ at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372756088
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSSヘッドライン