2013年10月09日

ドロップ ヘルパー機能が搭載されたQTTabBar 258


ドロップ ヘルパー機能が搭載されたQTTabBar 258


QTTabBar の最新バージョン 258 が公開されました。
ドロップ ヘルパー機能が搭載されたQTTabBar 258


現在公式サイトからダウンロードできます。

バージョン258の変更点は、

バグ修正
・メディアプレビューがファイルをロックしてしまうことがある。
・エクスプローラの検索ボックスが、コントロールパネル等だと一文字入力
 するたびにフォーカスを失ってしまう。
・右シフトキーが押された状態でナビゲーションすると左シフトキーを
 押すまで右シフトキーが押されたままになってしまう。
・タブを復元するときのウィンドウ位置が、設定を無視してしまう。
 (再発生)シングルクリックモードのとき、フォルダをクリックすると
 タブで開いてしまう。

追加された機能
・LAN等のネットワークへアクセスするときの、タイムアウト時間を
 設定できるようになった。
 また、設定時間が経過するまでリトライを繰り返すオプション。
・タブが1つしかないときにタブバーを隠すオプション。
 (オプション → ツールバー)
・タブ/ファイル履歴のメニューを名前でソートするオプション。
 (オプション → 履歴)
・バーサタイルバーのアイテムを、同一バーサタイルバー内のアイテムに
 ドラッグ&ドロップしないようにするオプション。
 (バーサタイルバー右クリックメニュー)
・更新チェックウィンドウが新しいバージョンを見つけたとき、
 そのリリースノートを表示するようにした。
 もちろん表示されるのは次のアップデートから!
・オートコンプリート履歴を削除するボタン。(オプション → その他)

テスト
・ドロップ ヘルパー (オプション → フォルダービュー)
 ファイルをフォルダーアイコン上にドラッグすると、「コピー」と
 「移動」という2つの小さなウィンドウが表示されます。
 そこにドロップするとコピーまたは移動が実行されます。
 システムの既定だと、同一ドライブ間ならば移動、違うドライブ越しだと
 コピーになりますが、これを使えばCtrl または Shiftキーを押す手間が
 省けます。
ドロップ ヘルパー機能が搭載されたQTTabBar 258

 ※ドロップ ヘルパーを有効にするには、オプションの
  「フォルダービュー」の「ドロップ ヘルパー」の
  「フォルダーウィンドウで有効にする」と「フォルダーで」
  にチェックを入れる。
ドロップ ヘルパー機能が搭載されたQTTabBar 258

・ファイル名変更ツール。
 フォルダー内のファイルの一括リネームができます。
 アクティブなタブのコンテキストメニューから、またはキーボード
 ショートカットを割り当ててください。


★QTTabBarはエクスプローラにタブ切り替え機能を追加することができる
 ソフトです。


QTTabBar--オールフリーソフト

更新履歴 - QuizoApps

ダウンロード - QuizoApps




スポンサーリンク


posted by ひろ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSSヘッドライン