2014年02月06日

フォントレンダリングを調整できるようになったSleipnir 5.0.3


フォントレンダリングを調整できるようになったSleipnir 5.0.3


Sleipnir の最新バージョン 5.0.3.4000 が公開されました。
フォントレンダリングを調整できるようになったSleipnir 5.0.3


現在公式サイトからダウンロードできます。

バージョン 5.0.3 では、フォントレンダリングを調整できる機能が

追加されました。

フォントレンダリング機能はバージョン5.0から搭載されましたが、

調整はできませんでした。

フォントレンダリングを調整するには、メニュー→「カスタマイズ」→

「詳細」を表示する。

「フォントレンダリング」をクリックする。

文字の太さ・細さを変更する「ウエイト」と、くっきりさ・滑らかさを

変更する「シャープネス」のプルダウンメニューで調整ができます。
フォントレンダリングを調整できるようになったSleipnir 5.0.3



その他に、新しいタブに表示される「Site Updates」が改善されました。

サムネイルの下にあるボタンから、そのWサイトをSite Updatesから除外

することができるようになりました。
フォントレンダリングを調整できるようになったSleipnir 5.0.3


「カスタマイズ」に「Site Updates」という項目が追加され、除外した

サイトを復活させることもできます。
フォントレンダリングを調整できるようになったSleipnir 5.0.3


また、ブックマークバーの描画パフォーマンスの改善もなされています。


★Sleipnirは美しい文字でウェブを見ることができる先端的
 ウェブブラウザです。


Sleipnir--オールフリーソフト

サムネイルタブを搭載したSleipnir 5.0

リリースノート




スポンサーリンク






posted by ひろ at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSSヘッドライン

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。