2014年04月03日

フォントスキャンを回避できるようになったSMPlayer 14.3.0


フォントスキャンを回避できるようになったSMPlayer 14.3.0


SMPlayer の最新バージョン 14.3.0 が公開されました。
フォントスキャンを回避できるようになったSMPlayer 14.3.0


現在公式サイトからダウンロードできます。

バージョン 14.3.0 では、フォントスキャンを回避できるように

なりました。

Windows のフォントディレクトリの使用を有効/無効にするオプション

が追加されたことにより、動画再生時のフォントスキャンがデフォルト

で無効になりました。
フォントスキャンを回避できるようになったSMPlayer 14.3.0


その他に、全画面モードのコントロールが全面的に改良され、ビデオの

上に表示されるようになった他、オーディオイコライザーにプリセットが

追加されました。


スクリーンセーバーの無効化が改善され、多くのバグ修正もなされて

います。

※今回のリリースからバージョン番号がリリースの年月になりました。

 前バージョンが0.8.6だったのが、いきなり14まで上がったので驚かれた

 方も多いと思います。


SMPlayer 14.3.0全更新内容

  • 全画面モードのコントロールが全面的に改良され、ビデオの上に表示されるようになりました。

  • (Windows) [環境設定] -> [字幕] に Windows のフォントディレクトリの使用を有効/無効にするオプションが追加されました。このオプションを無効にすると、わずらわしいフォントスキャンを回避することができます。

  • オーディオイコライザーにプリセットが追加されました。

  • (Experimental) Possibility to play (non-protected) blu-ray discs.

  • マルチメディアキーへの対応が改善されました。これにより、リモコンで SMPlayer を操作できることがあります。

  • New option in the playlist preferences for adding automatically other files in the folder to the playlist.

  • オプション "ビデオ領域がドラッグされたときにウィンドウを移動する" が修正されました。

  • (Windows) Windows のショートカット (シンボリックリンク) を開けるようになりました。

  • YouTube への対応が改善されました。

  • (Windows) スクリーンセーバーの無効化が改善されました。

  • 多くのバグ修正が施されました。

  • Qt 5 でのコンパイルが可能になりました。


★SMPlayerはISOイメージファイルの再生が可能なマルチメディアプ
 レーヤー。


SMPlayer--オールフリーソフト

SMPlayer - 最新の変更点




スポンサーリンク




posted by ひろ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSSヘッドライン