2014年09月11日

Googleカレンダー連携の制限機能が、1か月試用できるようになったChronus 1.86


Googleカレンダー連携の制限機能が、1か月試用できるようになったChronus 1.86


Chronus の最新バージョン 1.86 が公開されました。
Googleカレンダー連携の制限機能が、1か月試用できるようになったChronus 1.86


現在公式サイトからダウンロードできます。

バージョン 1.86 では、Googleカレンダー連携の制限機能が、1か月試用

できるようになりました。

Googleカレンダー連携の制限は、

・GoogleカレンダーからChronusへのインポートのみ。
 Chronusで登録した予定をGoogleカレンダーへ登録することは
 できません。

・Googleカレンダーと自動的に同期する場合、1時間ごとに同期します。
 (手動更新の場合は30分以上間隔をあける必要があります)


バージョン1.86からは、この制限を解除して1か月試用できるように
なりました。


制限の解除方法

1.試用キーのダウンロード
 公式サイトからキーをダウンロードする。

2.Chronusの設定画面を開く。

3.Google連携タブを選択する。

4.右上の「ここに制限解除ファイルをドロップしてください。」という
 欄に、ダウンロードしたファイルをドロップする。

上記の設定をしてから、Chronusから予定を登録・更新・削除すると、
次回同期時にGoogleカレンダーへ反映します。


※有効期限が切れるまで応援レベル1相当の機能をご使用になれます。

 試用期間完了後は応援レベル0に戻りますが、再度試用することも
 できます。

応援レベル1(応援方法から1つ実施)
・Chronusで登録・更新・削除した予定をGoogleカレンダーへ反映します。
・Chronusに登録済みの予定をGoogleカレンダーへ登録することも
 できます。
 ※次に同期したタイミングでGoogleカレンダーへ反映します

応援レベル2(応援方法から2つ実施)
・Chronusの予定をリアルタイムにGoogleカレンダーへ反映します。
 (応援レベル1にリアルタイム反映を追加します)


応援方法

・ベクターでChronusの評価&コメントする
 →コメントした際のお名前をメールで教えてください

・ブログやホームページでChronusを紹介する
 →紹介いただいたサイトのURLをメールで教えてください

・Twitterでつぶやく
 →つぶやきを確認できるURLをメールで教えてください

・スポンサーページから1万円以上の買い物をする
 →いつ、どこでいくら買い物したのかをメールで教えてください

・銀行振り込みや楽天キャッシュなどで500円以上寄付していただく
 →寄付の方法:設定画面→Google連携→振込先ボタンをクリックして
  下さい。
 →Ver1.75以前をお使いの方は作者までメールにてご連絡ください。

・その他、できる範囲で開発に協力する
 (Chronus用の月ごとの背景画像を作る、アイコンを作る、ヘルプページ
  を作る、等)

応援内容をメールでお知らせ下さい。
制限解除の方法は追って連絡差し上げます。


Chronus 1.86 全更新内容

  • Googleカレンダー連携の制限について、1か月試用できるようにした。
    ・試用キーはホームページからダウンロードできます
    ・有効期限が切れるまで応援レベル1相当の機能をご使用になれます
    ・試用期間完了後は応援レベル0に戻りますが、再度試用することも
     できます


★ChronusはGoogleカレンダーと同期ができるコンパクトなデスクトップ
 カレンダー&スケジューラーです。


Chronus--オールフリーソフト

Googleカレンダーの同期時間の制限が緩和されたChronus 1.85

天気予報情報が復活したChronus 1.83

Chronus 更新履歴

Googleカレンダー連携について

Chronus




スポンサーリンク




posted by ひろ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSSヘッドライン