2014年12月04日

ステータスバーを非表示にできるようになったSystem Explorer 6.1.0


ステータスバーを非表示にできるようになったSystem Explorer 6.1.0


System Explorer の最新バージョン 6.1.0 が公開されました。

現在公式サイトからダウンロードできます。

バージョン 6.1.0 では、ステータスバーを非表示にできるように

なりました。
ステータスバーを非表示にできるようになったSystem Explorer 6.1.0


バージョン6.0.0から起動中のプロセス数、アクティブスレッド数、

アクティブハンドル数、CPC使用率、利用可能なメモリー容量などが

数値とグラフで表示されるステータスバーが追加されましたが、

これを非表示にできるようになりました。

非表示にするには、メニューの「表示」→「Show Status Bar」のチェック

を外す。
ステータスバーを非表示にできるようになったSystem Explorer 6.1.0



その他に、安定性の向上やバグ修正もなされています。


System Explorer 6.1.0 全更新内容

  • Contains new option for hide status bar, bugfixes ans stability improvements.


★System Explorerは実行中のタスク,プロセスの表示やスタートアップ
 管理など、とても高機能なシステム管理ツールです。


System Explorer--オールフリーソフト

ステータスバーが追加されたSystem Explorer 6.0.0

情報パネルが追加されたSystem Explorer 4.5.0

System Explorer News




スポンサーリンク




posted by ひろ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSSヘッドライン