2017年01月11日

今日は Windows Update 緊急1件、重要3件 2017年1月11日


今日は Windows Update 緊急1件、重要3件 2017年1月11日


本日マイクロソフトは1月の月例パッチを公開しました。
今日は Windows Update 緊急1件、重要3件 2017年1月11日



今月は、最大深刻度および脆弱性の影響「緊急」1件「重要」3件


緊急 MS17-003
Adobe Flash Player の
セキュリティ更新プログラム (3214628)

このセキュリティ更新プログラムは、すべてのサポート
されているエディションの Windows 8.1、Windows Server 2012、
Windows Server 2012 R2、Windows RT 8.1、Windows 10、
および Windows Server 2016 にインストールすることで
Adobe Flash Player の脆弱性を解決します。


重要 MS17-001
Microsoft Edge 用の累積的な
セキュリティ更新プログラム (3199709)

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Edge
の脆弱性を解決します。
この脆弱性が悪用された場合、ユーザーが Microsoft Edge
を使用して特別に細工された Web ページを表示すると、
特権の昇格が起こる可能性があります。
攻撃者はこの脆弱性を悪用して影響を受けるバージョンの
Microsoft Edge で特権を昇格する可能性があります。


重要 MS17-002
Microsoft Office 用の
セキュリティ更新プログラム (3214291)

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office
の脆弱性を解決します。
この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された
Microsoft Office ファイルを開いた場合にリモートで
コードが実行される可能性があります。
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、現在のユーザーの
コンテキストで任意のコードを実行する可能性があります。
システムに対するユーザー権限が低く設定されている
アカウントを使用しているユーザーは、管理者ユーザー権限
で実行しているユーザーよりも影響が少なくなると
考えられます。


重要 MS17-004
ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス用の
セキュリティ更新プログラム (3216771)

ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス (LSASS)
が認証要求を処理する方法に、サービス拒否の脆弱性が存在します。
攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功した場合、標的のシステムの
LSASS でサービス拒否が起こり、システムの自動的な再起動を
トリガーする可能性があります。
このセキュリティ更新プログラムは、LSASS が特別に細工された
認証要求を処理する方法を変更することにより、この脆弱性を
解決します。


忘れずにアップデートしましょう。


詳細はマイクロソフトの

2017年 1月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要

で確認して下さい。

今日は Windows Update 緊急6件、重要6件 2016年12月14日

今日は Windows Update 緊急6件、重要8件 2016年11月9日

今日は Windows Update 緊急5件、重要4件 2016年10月12日





スポンサーリンク



タグ:Windows Update
posted by ひろ at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445808337
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSSヘッドライン